相模原の不動産、賃貸のグランディーホーム

  • 前回の履歴
  • 条件ストック
  • 物件ストック
JR相模原駅徒歩2分
サイトマップ
プライバシーポリシー
メールでのお問い合わせ
お客様相談専用フリーダイヤル 0120-85-1161 携帯電話からもご利用頂けます

任意売却と競売の違いは??メリット・デメリット

任意売却と競売の違いは??メリット・デメリット

任意売却が、競売との対比でよく説明されます。ローンの支払いを延滞すると、債務者は競売か任意売却かの二者択一になるからです。延滞していても一括弁済という選択はありますが、ローンが払えない状況ですから、現実的ではありません。そこで競売と任意売却の違いをよく理解しておく必要がでてきます。競売は、担保権者の申立てにより、裁判所が強制的に不動産を売却する裁判の手続きですが、任意売却は、抵当権等を有する債権者の承認をえて担保物件を売却すること。  債権者にとって競売は、裁判所まかせで債権の回収ができるのですから、任意売却よりも競売を選ぶ方がよさそうに思われます。しかし競売もタダでは出来ません。たとえば、8000万円の抵当物件の競売を申し立てるには、登録免許税や裁判所の予納金などで100万円以上の費用がかかってしくるのです。本来、この費用は債務者が負担すべきものですが、債務者に負担を求めても無理ですから債権者が負担することになっているのが実情です。
競売には次のようなデメリットもあります。 債務者としては、引越代なども必要でしょう。それに競売では転居の時期も自由になりません。いろんな意味で債務者にとっての任意売却のメリットは少なくないのです。 任意売却には、いろいろな煩わしさがあります。しかし、あえて煩わしい選択をするからこそ、可能性が出てくるのです。競売では、債権者と債務者は最後まで裁判所を通すだけで関係は完全に遮断されますので、残債についても話合いをする余地も機会もありません。任意売却の競売に対する最大のメリットは話合いができるという点なのです。

競売のデメリット任意売却のメリット
  • 任意売却より低い価格で売れてしまう。
  • 引越し費用が出ない可能性が大きい。
  • 競売費用もかかる。
  • 住んでる間、さまざまな業者等が見に来る。
競売のメリット
  • 住み慣れた家になるべく長く住んでいられる
    (立退き交渉まで)。
    その間は家賃が発生しない。
  • 競売より高い価格で売却出来る。
  • 売却代金から引越し費用を捻出出来る
  • 引越し時期を相談出来る。
  • 債権者との交渉も出来る。
任意売却の費用は?

任意売却も不動産業者の業務として行いますので、売買契約が成立になれば成功報酬として仲介手数料(売買価格の3.15%+63,000円が上限)が必要となります。 しかし、この仲介手数料は債権者が受け取る売買代金のなかから配分されますので、 お客様の持ち出し費用負担が必要になることはありません。 この仲介手数料は、あなたと結ぶ専任媒介契約書のなかにきちんと記載いたします。 もちろん費用を請求することもありません。 相談料も不要です! 私どもは弁護士、司法書士などではありませんから、相談料やコンサルタント料などもいただきません。 お電話やメールによるご相談ももちろん無料です。ご納得いただけるまで何度でもご連絡ください。 「販売活動費」「広告費」「相談料」「顧問料」など、さまざまな費用名目で依頼者からお金を徴収している業者もありますのでご注意ください

まずはグランディホームにご相談下さい 実績15年以上のベテランスタッフが丁寧にアドバイスさせて頂きます!

フリーダイヤル:0120-85-1161
グランディーホームから皆様へ
  • 店舗へのご案内
  • 現地販売会情報
  • 最新広告を見る
  • 売却・買取・査定相談
Tポイントについて